Disseminate preventive care your smile for my mission!
Contact us 052-824-0120

Gait, limb physical motion (12)

骨盤を回しながら傾けて足を前に置く。 これが歩行の「一歩」になります。 歩くときの人間の動きは、股関節だけが動いているわけではないですよね。 足が上がり、骨盤が回り、傾きながら体を少し捻ることで足を出すため、足は真っすぐ動いているわけではなく、 実は外側(小指側)から足は置かれています。 決してつま先側(親指側)から置かれているわけではないということです。 踵の外側から着くが、踵には体重は乗っていない。 踵落としのようにドンッと体重を乗せることはせず、 踵はほんの少し触れる程度で置くだけにする。 そこから徐々に前へ体が動いていく間に 踵→小指→親指と重心が移動していきます。 足は平面で着いているように見えますが、実際は小指側を握っているため、足の裏のアーチを作李ながら歩くことが出来ています。 この動作・歩行の「一歩」がうまく出来るようになると、足首、膝、股関節に負荷がかからないような歩き方が出来るようになります! いつも何気なく歩いているだけの歩行。「一歩」を気にして歩いてみませんか? Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

Movement of the pelvic limb physical motion (11)

The hip joint leans outward = the knee opens The knee opens = the foot falls to the little finger side It is always necessary movement when putting out the foot. What happens when you can coordinate movements such as the pelvis, hip joint, knee, ankle, and finger? "It looks beautiful", "I can walk well", "I can walk without hurt" will be able to do. And just as the knees grow when you put on weight, the foot gets from the little finger to the ground and the weight moves toward the thumb. ※ When you put on weight, your little finger remains held. Language This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

Show all

Motion of lower limb physical motion (10)

股関節は足の指を握ると開いていく。 股関節が開く動作を”外旋”といいます。 股関節を外旋させながら体重をかけていくが、同時に骨盤を前へ傾けながら体重をのせることで 股関節の吸収力が上手に使えるようになる。 骨盤を前に傾けて、体を前に倒すことで、次の動作に行こう出来る体を作っていく事ができます。 試しに股関節を開くだけで体を前に倒さないで立ち上がろうとしてみてください。 これは足の力が凄く強い人は無理やり立てますが、すごくしんどい立ち方ですよね。 なぜでしょうか? それは股関節の上に骨盤を乗せることが出来ない為です。 股関節の動きがきちんとできないと、歩く、立つ、座る、階段の上り下り、しゃがむ、走るなどなど日常生活動作全てに支障が出てきてしまいます。 股関節が開く、骨盤が前に倒れると同時に股関節に体重をかけていく。 戻すときには体を起こすと同時に体重を抜き、力を抜いていくことが重要です。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

Movement of physical motion leg (9) lower leg (calf)

膝や股関節は背中に力が入ると外側へ開きます。 では膝の下、ふくらはぎ(下腿)はどうなるでしょうか? 曲がる、伸びる、捻る、傾く、いろんな動きがありますが、どの方向にどうなるでしょう? どの動きをすることが一番身体が楽でしょう? 背中に力が入ったとき、膝が開いた時、足の指を握っているとき、ふくらはぎは中側へ捻れるように回ります。 なぜでしょうか? 膝の関節には内側と外側に1つずつ半月板というものがあります。 両方に力をかけて膝を伸ばそうとしてしまうと、うまく回転せず、膝を伸ばしにくくなってしまいます。 なので、実際は膝は内側の関節部分だけで回るようにできています。 上の骨(大腿骨)が外へ回った時、下の骨(下腿骨)は内側へ回るようになっているということです Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

Standing leg physical motion (8)

開いた膝が閉じながら中へと動いていくと、背中に力が入り、お尻が上がってきます。 更に膝を閉じようとすると体が立ち上がってくれます。 しかし、ここで大事なのが、「膝を閉じようと思わないこと」 膝の話をしているのに「膝を閉じない」とはどういうことなのか? 正確には膝は閉じられるのですが、あくまでも意識するのは「背中」であってほしいということです。 体の動きの歯車は、背中から出来ています。 背中の動きが骨盤に伝わり、骨盤から股関節、膝、足へと歯車が回っていきます。 膝が最初に動いて歯車が動くわけではないので、「背中」という歯車の最初を意識することがとても大事になります。 そして、膝を伸ばすときには、「背中の力を抜く」事が必要です。 地面を踏みしめるように膝を伸ばす、内ももに力を入れてももを締める必要はなく、背中の力を抜くと不思議なことに膝が伸びるように力が働きますよ。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

Stretching the knee lower limb physical motion (7)

膝を伸ばすときはどうすればよいだろうか? 膝を閉じる・伸ばすと毎回毎回意識して行っていますか? じつは、背中の力を抜いていくと、膝が伸びていき足の指全体が地に着くようになっています。 逆に背筋を伸ばしながら膝を内に寄せたり、膝を開きながら背中を緩めていくと、足首や膝の筋肉や靭帯 いわゆる軟部組織に負荷がかかってしまいます。 女性の方に多いのは膝を閉じながら背中を伸ばしてしまうことですね。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

Physical motion leg (6) finger-how to knock down legs

When you put your foot on the ground, it is important to hold the toe and ground it from the heel to send weight to the little toes. As a form, it is a shape in which the grasped foot falls from the little finger side to the thumb side. If you look only at your feet, you will fall sideways, but when you walk, your weight is moving from behind to front, so your body leans forward a little. The same can be said in situations other than walking. Simple actions such as bending and stretching the knees, standing and sitting are similarly weight transfer. Weight transfer is based on "from back to front, from outside to inside". So when you reflect your weight from your little finger to your thumb, your body goes forward. You never walk with your weight behind you. Language This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

Show all

How to hold on to physical motion leg (5)

手の握りと同様に足の握りが出来ているかどうかで体の安定感が変わります。 足のアーチ(土踏まず)が体のクッションの一番最初になるので、この足の握りがあるかどうかが体を痛めない、安定感を作るうえで一番大事と言っても過言ではないでしょう。 そして、手と同様にこちらも足の指先からではなく、つけ根から折っていくことが大事です。 その際、小指から3本を握る事、親指が上に浮いてこないように少し握る力を入れておきましょう。 握った後の形としては足の裏が内側を向いていくような形を作ります。 小指のつけ根を意識して握る練習を繰り返してくださいね! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

Move further physical motion leg (4)

When I stretch my legs, I pull off my back! ! By pulling out the force to round the body, the knees come in and the entire toe gets to the ground. If you reverse the movement、、、 "Bend your body while your knees are closer in, and return your body while opening your knees". Try putting pressure on your back while putting your knees inside. Also, try to curl up your back with your knees open outside. How about it? Are you very your body? If you remember yourself, such as "I haven't done anything but my knee hurts", "It's hard to heal if my knees and ankles hurt", "My soles hurt and I can't walk", let's be careful! Language This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

Show all

Close the knee lower limb physical motion (3)

座った姿勢から立ち上がる時、膝は開きますか?閉じますか? 膝を開きながら立ち上がることはないですよね。 基本、立ち上がる際には膝を閉じながら立ち上がります。 そして、立ち上がる時にとっても大事なことは 「〇〇の力を緩める」 です! 膝を閉じよう閉じようと力を強く入れることは、逆に膝を痛める原因となってしまいます。 何にもしていないのに立ち上がるだけで膝が痛い方。 実践してみてください。楽に立ち上がれるようになりますよ! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all